トピックス

〈中国〉上半期GDPトップ10 上海が1位

先日、中国主要都市の上半期GDPデータが発表されました。

第一財経新聞社の統計によると、上半期GDPの上位10都市は、

上海、北京、深圳、広州、重慶、蘇州、成都、杭州、武漢、南京となっています。

このうち、1兆元(約16兆円)を超えたのは6都市で、上海は2兆元を超えました。

南京は2年間の平均成長率が7.3%で、トップ10都市の中で一番の成長率です。

中国が変革するにつれ、技術主導は新たな産業競争の中で都市開発の鍵です。

特に、長江デルタ地域の科学・イノベーション産業の発展は顕著で、

伝統的な製造業とニューエコノミーの融合がされていることから、

地域全体がアップデートし続けています。

出典:第一财经

https://finance.ifeng.com/c/88MgJetxTGh