トピックス

〈台湾〉国民の健康意識向上による飲料需要の変化

KANTARの調査によると、台湾のペットボトルおよび乳飲料市場の規模は

2020年に1,100億台湾ドル(約4,290億円)を超えており、毎年伸びています。

2014年の食安事件の後、台湾では健康意識が高まっており

たとえば過去2年間、無糖茶の売上は2年前と比べて4%、

新鮮な果汁100%のジュースは6%アップ。

その中で最も伸び率を高めたのは、

炭酸飲料でコカコーラ0や低カロリーの炭酸飲料が47.2%も増加しています。

乳飲料は無糖や植物繊維が多いもの、高タンパクで健康に配慮した牛乳や豆乳が、

15%増となっています。

出典:食力

https://www.foodnext.net/news/industry/paper/5852607642